タレントプロフィール

アスリート

井端弘和いばた ひろかず

主な活動歴

侍ジャパン 内野守備コーチ、強化本部編成戦略担当兼務
野球実況解説・野球評論家・YouTuber

【現役生活18年 通算成績】
1896試合出場
打率 2割8分1厘 ・ 1912安打 ・ 56本塁打 ・ 410打点 ・ 149盗塁

【受賞・表彰歴】
・NPB
ベストナイン:5回 (2002年、2004年 - 2007年)
ゴールデングラブ賞:7回 (2004年 - 2009年、2012年)
月間サヨナラ賞:1回 (2015年6月)
オールスターゲーム優秀選手賞:1回 (2007年)
オールスターゲーム・ベストバッター賞:1回 (2009年)
アジアシリーズMVP:1回 (2007年)
月間アットホームヒーロー賞:1回 (2015年6月)
・日本代表
WBC2次ラウンドMVP (2013年)
WBCベストナイン (指名打者:2013年)

生年月日 1975年5月12日
身長 173cm
出身 神奈川県 川崎市
公式ブログ https://ibata-hirokazu.com/blog/

関連ニュースNEWS

記事はありません

プロフィール

堀越高等学校から亜細亜大学を経て1998年ドラフト5位で中日入団。
2013年にはWBC第3回 日本代表に選出。
2014年に巨人へ移籍し、2015年限りで現役引退。
ベストナインは5度、ゴールデングラブ賞は7度、
2013年WBCベストナインをそれぞれ受賞。
2016年から巨人内野守備コーチとなり、2018年まで在籍。
侍ジャパンでも内野守備コーチを務め、強化本部編成戦略担当を兼務。
現役生活18年の通算成績は1896試合出場、打率2割8分1厘、1912安打、56本塁打、410打点、149盗塁。

プロ入り3年目2001年に遊撃手としてレギュラーを獲得し、初のフル出場。
鉄壁な守備力と巧打で、その地位を不動のものとした。
2004年の落合政権初年度には初の3割をマークするなど、リーグ優勝に貢献。
荒木雅博選手とは打順でも1、2番を組み「アライバ」と呼ばれた二遊間は、中日黄金時代の象徴的存在だった。

2013年のWBC東京ラウンドの台湾戦では9回2死から日本を救う同点打を放つなど、抜群の勝負強さを発揮。東京ラウンドのMVPと、指名打者としてWBCベストナインにも輝いた。
巨人移籍後も、遊撃はもちろん二塁、三塁、一塁とユーティリティーぶりを発揮。
2015年オフには、同級生の高橋由伸の監督就任が決まると、2000本安打への未練も見せずに現役引退を決意し、内野守備コーチとして支えた。

コーチ時代には、守備に不安のあった岡本や吉川尚を徹底的に指導。その礎を築いた。
その卓越した野球理論から、17年9月には侍ジャパンの内野守備走塁コーチにも就任。
2019年には現場のコーチながら侍ジャパン強化本部編成戦略担当のフロントも兼務することになった。

野球評論家

ニッポン放送・東海ラジオの野球解説者に就任。
東京中日スポーツ・中日スポーツの評論家を務め、フジテレビONE「プロ野球ニュース」にもレギュラーとして出演。

他の所属アスリート

お問い合わせ

CONTACT

お仕事のご依頼・お問い合わせ

TEL03-5962-8440

FAX03-5422-1433

AM 11:00 ~ PM 7:00  土日祝休み
ページトップへ