タレントプロフィール

文化人

田原総一朗たはらそういちろう

現在の主な活動

ジャーナリストとして活躍中

生年月日 1934年
出身 滋賀県 彦根市

関連ニュースNEWS

記事はありません

略歴

1934年  滋賀県彦根市生まれ  早稲田大学文学部卒業
1960年  岩波映画製作所入社  
1964年  東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社
1977年からフリー  テレビ朝日系列「朝まで生テレビ!」「サンデープロジェクト」の司会などテレビジャーナリズムの新境地を拓く
1998年  ギャラクシー35周年記念賞「城戸賞」を受賞
現在も、現役ジャーナリストとして活躍中

TV

テレビ朝日
「朝まで生テレビ」 毎月最終金曜日

BS朝日
「激論!!クロスファイア」 毎週土曜日

・NHK
「クローズアップ現代+」(2017年)
「LIFE!」(2015年)

・NHKEテレ
「SWITCHインタビュー達人達」(2017年)
「東北発☆未来塾」(2015年)

・日本テレビ
「未来シアター」(2014年)
「誰だって波瀾爆笑」(2013年)
「大河バラエティ!超近現代史4人間は相変わらずアホか?」(2012年)
特別ドラマ企画「家族、貸します~ファミリー・コンプレックス~」(2012年)

・テレビ朝日
「大改造!!劇的ビフォーアフターSEASONⅡ」2時間スペシャル(2012年)

・フジテレビ
「ダウンタウンなう」(2017年)
「AKB総選挙SP」高橋みなみ×田原総一朗対談(2015年6月) 
「ジェネレーション天国『スイーツスペシャル』」ゲスト(2014年)

・TBS
「プレバト」(2014年)

・テレビ東京
「おしかけスピリチュアル」(2013年/2014年) 

・BS日テレ
「久米書店」(2015年)
「それぞれの戦後」(2015年)
「加藤浩次の本気対談!コージ魂!!」(2012年)

・BS-TBS
関口宏の人生の詩(2014年)

・BSジャパン
開局10周年記念番組 「田原総一朗の遺言~タブーに挑んだ50年!未来への対話」(2010年)

ラジオ

全国JFN系列「田原総一朗のタブーに挑戦!」                   
文化放送「田原総一朗オフレコ!」

Web

日経BPネット「田原総一朗の政財界『ここだけの話』」 http://www.nikkeibp.co.jp/
現代ビジネス「戦後レジームの正体」 http://gendai.ismedia.jp/category/htahara
ニコニコチャンネル「ゲキbiz田原チャンネル」

その他

■連載
週刊朝日(朝日新聞出版社)「田原総一朗のギロン堂」
週刊読書人(読書人)「取材ノート」
プレジデント(プレジデント社)「田原総一朗の次代への遺言」
リベラルタイム(リベラルタイム出版社)
POPEYE(マガジンハウス)     
「観ずに死ねるか!傑作ドキュメンタリー88」鉄人社 作品論 掲載(2013年)     
リクルート「ゼクシィ」インタビュー(2012年6月号)

主な著書

「われらマスコミ渡世人 こうして戦後を生きてきた」<五木寛之 共著>(祥伝社新書)
「さらば愛と憎しみのアメリカ 真珠湾攻撃からトランプ大統領まで」<越智道雄 共著>(キネマ旬報社)
「暴走司会者 論客たちとの深夜の激闘譜」(角川新書)
「トットちゃんとソウくんの戦争」<黒柳徹子 共著>(講談社)
「田原総一朗 元祖テレビディレクター、炎上の歴史」(河出書房) 
「人の心を掴む極意」(海竜社)           
「安倍政権への遺言 首相、これだけはいいたい」(朝日新書)
「塀の上を走れ 田原総一朗自伝」(講談社)  
「真実の近現代史 田原総一朗の仰天歴史塾」(幻冬舎)
「おじいちゃんが孫に語る戦争」(講談社)     
「日本政治のウラのウラ 証言・政界50年」(講談社)
「日本近現代史の「裏の主役」たち」(PHP文庫)
「人を惹きつける新しいリーダーの条件」(PHP研究所) 
「子育て知らずの孫育て」(東京新聞)     
「誰もが書かなかった日本の戦争」(ポプラ社) 
「ジャーナリズムの陥し穴」(ちくま書房)
ほか多数 

お問い合わせ

CONTACT

お仕事のご依頼・お問い合わせ

TEL03-5962-8440

FAX03-5275-7080

AM 11:00 ~ PM 7:00  土日祝休み
ページトップへ